「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」のあらすじ

「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」は2016年に公開された長編CGアニメ映画です。

スクウェア・エニックスの家庭用ゲームソフト『FINAL FANTASY XV』と同じ世界観で展開する物語で、ゲームの主人公の父親である国王レギスの視点から描かれています。

長きにわたり、クリスタルを奪おうとするニフルハイム帝国から守ってきた魔法国家ルシスでしたが、ある時に帝国から停戦の申し出がありました。

ルシス王国の王・レギスは表向きにその申し出を受け入れますが、裏では双方とも戦う準備を進めていました。

主な出演者

プロデューサー:田畑端 声の出演:ニックス(綾野剛)、ルナフレーナ(忽那汐里)、レギス(磯辺勉)、ドラットー(山寺宏一)、リベルト(かぬか光明)、クロウ(藤村歩)ほか

ルシスとニフルハイムが停戦協定を結ぶ

機械文明の軍事大国ニフルハイムは、他国を侵略して領土を広げていました。

そんな中、魔法国家のルシスは首都インソムニアに魔法障壁を展開し、長い間侵略を逃れてきたのでした。

ある時、ルシス国王のレギスへニフルハイム帝国からの使者がやってきます。

その使者は、いったん停戦協定を結ぼうと国王に申し出をしに訪れました。

 

しかし停戦するには、2つの条件が必要とのことでした。

条件の1つ目は、ルシスを守っている魔法障壁を解いて領土を帝国へ引き渡すこと、そして2つ目はルシスの王子ノクティスと帝国領テネブラエの令嬢であるルナフレーナを結婚させることです。

レギス国王は、長く続けられた戦争を終わらせるために、2つの条件を呑むことにしました。

ルシス王国の民衆の話題を一気に攫う時期に、「王の剣」と呼ばれる国王直属の精鋭部隊の一員であるニックス・ウリックは、城の警備を任されることになりました。

調印式に潜む不穏な影

ルシスとニフルハイムの停戦協定の調印式と、ノクティス王子とルナフレーナ姫の婚礼という2大イベントに、国中が慌ただしく動いていました。

同じ時に、王の剣の兵士であるクロウ・アルティウスは、帝国に知られないようにルナフレーナ姫を迎えに行くという極秘任務を命じられます。

しかし、ルナフレーナは落ち合うための約束の場所へ行くことを阻止されており、彼女はクロウの前には現れませんでした。

 

その後ニックスは、クロウが死亡したという情報を得ます。

調印式が迫ってきたある日、ルナフレーナ姫は帝国の総統と共にルシス王国へ訪れました。

レギス国王がルナフレーナ姫と会うのは12年ぶりで、2人は再会を喜びます。

2人は12年前のテネブラエで、帝国がルシスの王族を暗殺しようとした際に離れたのを最後に、ずっと会っていませんでした。

 

その事件の時にテネブラエの当主シルヴァが殺害され、以降はルナフレーナの故郷であるテネブラエは、帝国の領土と化していたのです。

調印式の当日になり、彼女は突如姿を消してしまいました。

同じくして、ニックスは帝国がインソムニア外に軍を配置したことに気付きます。

条約は決裂し両国が激しく争う

ニックス・ウリックは、直接レギス国王に帝国軍がインソムニアの近くまで来ていることを報告します。

国王は王の剣を集め、ニックスたちを派遣しますが、隊長であるタイタス・ドラットーは音信不通になっていました。

そのため隊員たちはニックスに信頼を寄せ、彼を中心に帝国兵のいる場所へ向かいました。

王の剣はルナフレーナ姫を発見しますが、それは罠でした。

 

既に王の剣の中には裏切った者がかなりの人数いることが判明しますが、国王と帝国の総統が調印式を行うところでした。

しかし、レギス国王は帝国の陰謀を見抜き、王国と帝国の面々は、ほぼ同時に武器を取って戦いを始めます。

 

ニックスはルナフレーナと共にレギス国王のところへ辿り着きましたが魔法障壁は破壊され、王の剣の裏切者たちが手引きをした帝国軍が入り込んでいました。

帝国のグラウカ将軍によって国王の側近が殺害されており、さらにグラウカはレギス王と戦いの最中に光耀の指輪を奪います。

ニックスが自分を犠牲にし姫を守る

ニックスはレギス国王たちと通路に隠れますが、王はニックスにルナフレーナ姫と指輪を守るように望みを託します。

さらに王は、ニックスとルナフレーナだけで脱出するように命じ、自分を犠牲にしてグラウカと戦い、命を落としました。

光耀の指輪は、ルシス王国の王が代々受け継いできた魔法の力の源で、帝国のねらいでもありました。

ニックスはルナフレーナと共に、次代のルシス国王になるノクティス王子のところへ向かうことになります。

 

その後、調印式の際に通信が途絶えていたドラットー隊長から連絡があり、ニックスとルナフレーナは呼び出され、ルーチェ・ラザロに攻撃されます。

ドラットーの正体はグラウカ将軍であり、先日のクロウを殺害したのはドラットーの指示を受けたラザロによるものでした。

指輪の力をほしがるラザロは、ルナフレーナに焚き付けられて指輪をはめますが、王の資格のない彼は指輪に燃やされ、すぐに死亡してしまいます。

グラウカはさらに2人を追い詰め、覚悟を決めたニックスはルナフレーナを庇い指輪を装着します。

その途端に、ニックスは指輪に宿った歴代の王から審議を受けました。

 

指輪をつけてすぐに燃やされたラザロも同じように王たちから審議され、結果拒否されたのでした。

しかし王たちはニックスの覚悟や姫を守るために力を使うことを認め、明け方までを条件に力を貸す契約になりました。

激しい戦いの末、ニックスはドラットーをやっとの思いで倒しますが、その代償に彼も消えてしまいます。

一人残されたルナフレーナはニックスの思いを背負い、そして使命のためにノクティス王子に会いに向かうのでした。

映画ライターもじゃの一言

ファイナルファンタジー15ファンであれば、ゲーム本編に繋がる話でもあり、観ておいて損はない映画です。

CGによる圧倒的映像美は実写と見間違うくらいの完成度で、ちょっと驚きです。

ただ国同士の争いなどの壮大な話が主題になっているので、ゲームをやっていない人にとっては、映画のストーリーの意味も分かりにくいかもしれません。

反対に、ゲームをプレイしている場合には、主人公たちが旅する中で描かれていない部分を知ることができるので、より深く理解することができそうです。

コメント