「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」のあらすじ

「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」は、2003年公開のアメリカ映画です。

ディズニーのテーマパークにあるアトラクション、「カリブの海賊」から着想を得て誕生した冒険ファンタジー映画シリーズの第1作目です。

船を失くした海賊ジャック・スパロウは、海に落ちた総督の娘・エリザベスを助けたことから、呪われたメダルにまつわる宿敵と対峙することになるのでした。

本作で主演のジョニーデップ扮する飄々とした海賊のジャック・スパロウは、大人気のキャラクターとなりました。

主な出演者

監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演者:ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ)、オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー)、キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン)、ジェフリー・ラッシュ(ヘクター・バルボッサ)、ジョナサン・プライス(ウェザビー・スワン)、ジャック・ダヴェンポート(ジェームズ・ノリントン)、ケヴィン・マクナリー(ジョシャミー・ギブス)ほか

大海賊ジャック・スパロウが現れる

18世紀の海では、海賊たちが我が物顔で暴れまわっていました。

そんな時代に、カリブ海にあるポート・ロイヤルという港町には、総督ウェザビー・スワンの令嬢・エリザベスが住んでいました。

彼女は、8年前に海で遭難し助け出された少年であるウィル・ターナーが持っていた黄金のメダルを大切にしていました。

 

「アステカの金貨」と呼ばれる黄金のメダルは海賊の印だと言われていたので、彼女はウィルが海賊だと思われないために預かっていたのでした。

そして今や大人になり鍛冶屋を営むウィルは、エリザベスの実家であるスワン家に出入りするようになっていました。

 

やがて身分違いのエリザベスとウィルはお互いに惹かれますが、言い出すことができないでいます。

ある日、ポート・ロイヤルにジャック・スパロウという伝説の海賊が現れました。

変わり者のジャックは船を失くした海賊で、新しい船を探していたのです。

彼はひょんなことからエリザベスを助け、彼女の着けている黄金のメダルに目を留めましたが、彼女の許婚であるジェームズ・ノリントン提督に捉えられてしまいます。

ウィルがジャック・スパロウと手を組む

ジャックは投獄されてしまいますが、ポート・ロイヤルを訪れた海賊は彼だけではありませんでした。

ジャックが捕まった翌朝に、ブラックパール号の船長である海賊ヘクター・バルボッサの海賊団町を襲撃します。

バルボッサ船長は、エリザベスが持っている黄金のメダルを狙っていたのです。

 

エリザベスは町を守るため、バルボッサにメダルを引き渡す代わりに町から手を引くよう交渉しようとしますが、彼はエリザベスごとメダルを持ち去ってしまいます。

密かに恋するエリザベスを救い出したいウィルでしたが、彼ひとりでは無謀でした。

ウィルはジャックの脱獄を手伝い、エリザベス救出に協力してほしいと持ち掛けます。

 

脱出後、2人はトルツゥーガの町へ行きました。

そこでインターセプター号とジャックの仲間の海賊たちを確保し、ブラックパール号を追うことにします。

バルボッサの海賊団には呪いがかかっており、それを解除するためには黄金のメダルと持ち主の血が必要でした。

バルボッサは儀式を行いますが、メダルの本来の持ち主はウィルなので呪いは解けません。

海賊は裏切って裏切られる

呪いの解けない理由が分からないバルボッサの海賊団は、仲間割れを始めます。

その隙に、こっそり島にたどり着いたウィルはエリザベスを助け出しました。

しかし彼は密かに海賊を憎んでいたので、用済みとなったジャックを置き去りにしてしまいます。

ウィルに裏切られたジャックは、今度はバルボッサに近付き「誰の血が必要か知っている」と言い、共にウィルたちの乗っているインターセプター号を追跡して、攻撃してウィルを攫いました。

 

バルボッサたちにとって必要なのはウィルなので、もはやジャックはいらない存在です。

ジャックは、エリザベスと2人で孤島に置き去りにされてしまいました。

エリザベスは火を起こして狼煙を上げ、それに気付いたノリントン提督に助け出されます。

彼女はウィルを救うため、彼を助けることを条件にノリントンとの結婚を受け入れると約束しました。

そしてノリントンの船で、ウィルが連れていかれた死の島に向かうのでした。

バルボッサとの全面対決と結末

ジャックには、過去にバルボッサとの因縁がありました。

10年前にブラックパール号の船長だったジャックは、部下だった彼に裏切られて海賊団を追い出されていたのです。

その後は、彼にとって代わって船長になったバルボッサへ復讐することを夢見ていました。

ノリントンの船で死の島へ向かったジャックたちは、待ち構えていたバルボッサの海賊団と戦いになります。

 

ところが、海賊たちにかかっている呪いは不死身の呪いのため、どれだけ剣で貫かれようがびくともしません。

逆にジャックが剣で刺されてしまいますが、彼も無事でした。

実は彼にも黄金のメダルの呪いがかかっていたのです。

ウィルは、ノリントン軍が銃で海賊たちを狙っている間に、メダルを自分の血で染めて呪いを解除しました。

 

呪いが解けた海賊たちは、一斉に銃弾に倒れました。

ジャックはバルボッサへ復讐を果たしますが、彼はノリントン軍に捉えられ、ポート・ロイヤルで絞首刑に処されそうになります。

とっさにウィルがノリントンの気をそらしてジャックを助け、彼はブラックパール号で海に出るのでした。

映画ライターもじゃの一言

本作を観たことがない人も、音楽を聴けば「パイレーツ・オブ・カリビアンだ!」とすぐに分かるのではないでしょうか。

それくらい、有名な映画ですよね。

ジョニー・デップのジャック・スパロウをはじめ、オーランド・ブルームが演じたウィルやキーラ・ナイトレイのエリザベスも、かなりいいキャラクターをしています。

裏切ったり裏切られたりが激しく入れ替わるのも面白いところです。

コメント