「闇金ウシジマくんザ・ファイナル」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「闇金ウシジマくんザ・ファイナル」のあらすじ

丑嶋の中学の同級生である竹本優希が、カウカウファイナンスの元へ金を借りにやってくるところから話は始まります。

お金の無い竹本は、鰐戸三兄弟の仕切る貧困ビジネスの労働者となります。

中学時代から丑嶋を恨み続ける鰐戸三兄弟は竹本を使い復讐を図りますが、優しい性格の持ち主である竹本は、周囲の人々を助けるため自身を犠牲にする道を選んでしまいます。

対立する三兄弟と丑嶋らカウカウファイナンスの闘争が、リアルに描かれています。

主な出演者

山田孝之(丑嶋馨)、綾野剛(戌亥)、永山絢斗(竹本優希)、真飛聖(今井万里子)、間宮祥太朗(鰐戸三蔵)、安藤政信(鰐戸一)ほか

丑嶋の中学時代の幼なじみ、竹本現る

ある日、丑縞の元に中学時代の同級生、竹本優希が金に困った様子で現れました。

しかし、違法な高金利の金は友人として貸せない、と丑嶋から断られます。

途方にくれて道に座り込む竹本に一人の男が近寄り、住む場所と仕事をやるとそそのかされました。

お金に困っていた竹本は、その男についていきます。

 

しかし、連れられた場所は鰐戸三兄弟の支配下にあり、不当な労働をさせられる貧困ビジネス誠愛の家でした。

過酷な労働を強要される劣悪な環境であるにも関わらず、竹本は共に暮らす労働者たちに優しく接しました。

竹本と丑嶋の出会いは、転校先の中学に遡ります。

 

転校して早々、丑嶋は今やカウカウファイナンスの従業員である柄崎に目をつけられていました。

そのせいでクラスメイトからリンチを受けた時も、竹本だけは暴力に参加せず、転校生である丑嶋に優しくしてくれていました。

一方で強気な丑嶋は、自分を襲ったクラスメイト全員に仕返しの暴力を振るったり、鰐戸らと喧嘩を繰り返したりしていました。

鰐戸三兄弟から恨みを買った丑嶋

誠愛の家では、竹本ら貧困者は給与もろくにもらえず、さらには脱走を試みた一人の同居人の男が鰐戸三兄弟に足を斬られてしまいます。

その男を病院に連れていきたかった竹本ですが、金がかかると鰐戸三兄弟に断られたので、甲本を保証人として連れていき、カウカウファイナンスから金を借りました。

 

三兄弟の三男、鰐戸三蔵は丑嶋に対して中学時代からの恨みがありました。

柄崎の友人を襲った時、丑嶋と柄崎からひどい暴力を受け、鰐戸三兄弟の地元での地位を下げられたからです。

以来、丑嶋と鰐戸三兄弟は因縁の関係となり、鰐戸の丑嶋への憎みは消えません。

 

今となっては、闇金カウカウファイナンスの社長となり金を稼ぐ丑嶋への恨みは膨大化し、竹本を使って仕返しを企んでいました。

竹本が丑嶋から多額の金を借りると返済をせず、弁護士を雇って借金を踏み倒すという作戦です。

丑嶋が金を貸す他の債務者にも同じ弁護士がつき、丑嶋への借金の返済が危険に晒されていました。

鰐戸三兄弟の丑嶋への復讐

竹本は丑嶋の借金を踏み倒してしまったことに責任を感じ、後悔していました。

それと同時に、誠愛の家の貧困者たちを助けたい思いは、常に変わりませんでした。

その時、鰐戸三兄弟は丑嶋から金を奪おうと作戦を立てていました。

竹本は誠愛の家の労働者にも金を分け与えるという条件付きで、鰐戸三兄弟の強盗に手を貸すことに決めました。

 

鰐戸三兄弟は隙を狙ってカウカウファイナンスの事務所に潜入し、柄崎を含めた従業員らをさらいます。

人質を使い丑嶋に2億円を要求し、丑嶋たちの息の根を止めようと試みます。

その最中、竹本は丑嶋の大切にしていたウサギの墓から金を見つけ出し、盗みを犯しました。

ようやく丑嶋が鰐戸の前に現れ、金を手に入れた鰐戸は警察のサイレンを聞いて逃げます。

 

強盗に成功した鰐戸三兄弟でしたが、まだ満足した様子ではありません。

そこで竹本がこっそりと盗んだ金があることを知り、どこに隠したのかを問い詰めましたが、竹本は頑なに答えようとしませんでした。

三兄弟に振り回される竹本と丑嶋の結末

竹本はこっそりと奪った金を、誠愛の家の人たちと山分けするつもりでした。

しかし、竹本は丑嶋に連れられ、金を返すように強要されました。

金を返せば労働者に仕事も与えるが、渡さなければ竹本自身が借金の肩代わりにさせられる、と二択を迫られました。

 

しかし、誠愛の家の人たちを見捨てることのできない竹本は、労働者のうちの一人甲本に金のありかを教えます。

その後、竹本は借金の責任を負うため労働施設に送られ、大抵一年も持たないと言われる過酷な仕事を強制的にさせられます。

甲本は金を持っていることがバレ、捕まってしまいます。

その直後、歩行人の落とした財布を奪うチャンスがあったのですが、甲本は犯罪に踏み切りませんでした。

 

一方のカウカウファイナンスは弁護士からの過払い請求に追われていましたが、丑嶋は法律事務所の弱みを知っていました。

事務員に弁護士業務を担わせている法律事務所の証拠を掴み、違法行為であると訴えました。

おかげで数億円の過払請求を逃れることのできた丑嶋でした。

映画ライターななの一言

闇金ウシジマくんシリーズの最後に丑嶋の強敵現るといった、いかにも最終話のような演出が、個人的には終盤らしさを感じてワクワクしました。

しかし主人公たちがキレイにエンディングを迎えていく終わり方が、どこか納得のいかない気がします。

まだ丑嶋に恨みを持っている人物がいそうで、次があったらそれはまた面白そうですよね。

コメント