「ちはやふる 上の句」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ちはやふる 上の句」のあらすじ

「ちはやふる 上の句」は2016年に公開された日本映画で、BE・LOVE誌で当時連載中の同名少女漫画を基にした作品です。

小倉百人一首を使い、早く取った枚数を競う競技かるたの世界で、日本一の座を目指す少女・千早の奮闘と成長、友情、恋愛などの青春を描いています。

映画では勢いに乗っている広瀬すずが主演を務め、野村周平や真剣佑など話題の若手俳優が共演したことでも話題になりました。

本作は前編と後編、完結編からなる3部作のうち、第1作目に当たります。

主な出演者 

監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、真剣佑(綿谷新)、上白石萌音(大江奏)ほか

千早が昔のかるた仲間・太一と再会

この春、綾瀬千早は東京都立瑞沢高等学校の1年生になりました。

彼女の姉は人気急上昇中のモデルの綾瀬千歳で、彼女も姉同様に目を引く美人なので学校中の噂になるほどでした。

千早には「高校生になったらチームを作り全力で競技かるたをやる」という目標がありましたが、瑞沢高校にはかるた部がないので、自分で部を作ることに決めます。

 

それには5人の部員が必要なので、千早はメンバーを集めていました。

千早の幼なじみの真島太一も、中高一貫校から瑞沢高校に編入していました。

太一と千早は、小学生の時に「府中白波会」という競技かるたの会で共に学び、しのぎを削る間柄でした。

容姿が良く成績優秀な太一は、入学早々に屋上で女子生徒から愛の告白をされましたが断ります。

相手に付き添っていた友人は怒って彼を罵倒し、勢いよく出て行ったので屋上のドアが閉まり、出られなくなりました。

 

そこへ千早が駆け込んできて2人は再会し、綿谷新の話をします。

新は小学校の時に1年間だけ福井から転校してきたもう一人の幼なじみで、3人はチームでかるたの大会に出たことがありました。

千早は太一をかるた部に勧誘しますが、彼はサッカー部に入ると断りました。

部員5人の瑞沢かるた部が誕生

千早は、太一に「今度の大会で優勝したらかるた部に入って」と宣言します。

彼は大会を見に行き、そこでかつての師匠である原田と再会しました。

太一は原田に、中学でもかるたを続けていたが伸び悩んでいた苦しい胸の内を話します。

一方の千早は、宣言通り大会で優勝しA級に昇格しました。

試合で力を出し切った千早は、いつも通り会場で死んだように寝てしまいます。

 

帰り道で、太一に背負われた千早が「私は今も3人はチームだと思っている」と言い、太一はかるた部への入部を決めるのでした。

着々と部創設の準備を始める2人は、同級生に小学校時代の対戦相手である西田優征がいることを知りかるた部に誘います。

さらに、古典おたくの呉服屋の娘・大江奏と千早のクラスにいる秀才・駒野勉も勧誘し、テニス部の顧問・宮内が兼任として、かるた部が誕生しました。

 

千早は勇気を奮い、ずっと連絡を取っていなかった新に、かるた部を作ったから近江神宮の全国大会で会おうと電話します。

新を恋敵だと思っている太一は、それを複雑な気持ちで見ているのでした。

青春全部賭けてから言いなさい

5人の部員の中で競技かるた経験者は千早と太一、西田の3人で、奏と駒野は全くの初心者でした。

全国大会を目指して、ゴールデンウィークに白波会で強化合宿をします。

初めは合宿を渋っていた駒野も、千早の熱意に打たれて参加しました。

夜になり、奏が千早にかるたを始めた理由を聞いたので、かつて新に「ちはやぶる」の歌が千早の歌だと言われたことと、かるたで日本一になれば世界一になれると言われて考えが変わったことを話します。

 

合宿や練習、試合を通して5人は徐々にチームの絆を深めていきましたが、太一は「自分はかるたの神様に見放されている」と思い悩んでいました。

彼の試合では、お互いに最後の1札が残った状態(運命戦)で、自分の陣の札が読まれたことがありません。

5人で富士山に登った時に太一は、奏に罪を告白します。

小学生の時に、太一はかるたの勝負の前に新の眼鏡を隠したことがあり、その罰で運に恵まれないのだ、と言います。

 

奏は、自分で分かっていれば十分だと励まします。

しかし太一は、新から預かっていた携帯電話の番号を千早に渡せずにいました。

卑怯なままの自分に嫌気が差した彼は、原田先生に「青春全部賭けても新たには勝てない」と吐露します。

先生に「運はやれることを全部やった人の特権、青春全部賭けてから言いなさい」と諭され、太一は思い直しました。

瑞沢かるた部が全国大会へ進む

東京都大会に、5人は袴を着て臨みました。

かるたの団体戦では、5人のうち3人が勝てばチームの勝利になります。

初心者の奏と駒野は勝てませんが、経験者3人の力で瑞沢かるた部は順当に勝ち進みました。

しかし駒野は、奏が先に初勝利を決めたことで焦りを感じます。

さらにチームを勝たせる作戦のため、西田が「強い選手が駒野に当たるようにオーダーを組もう」と言い出します。

 

読みは当たりますが、当然駒野は強い選手に惨敗して焦るばかりでした。

勝前、ついに彼は「どうせ数合わせで部に誘ったんだろ」と叫び、帰ろうとしてしまいます。

そこで4人は、まだチームになりきれていなかったことを自覚します。

決勝戦は強豪の北央学園が相手ですが、駒野はすっかりやる気をなくし、試合中も座っているだけで札を取ろうともしません。

そんな駒野の肩に仲間たちが手を置き、彼の固まった心が徐々に解けていきます。

傷付いた駒野を人一倍気にしていた千早に太一は「もう大丈夫だ」と言い、彼女は本領を発揮して勝ち抜けます。

 

太一は運命戦に入りますが、運頼みを捨てた彼が敵陣の札を狙う気迫に押され、対戦相手の木梨はお手付きをして太一が勝利します。

千早は新に電話で全国大会に行くことを報告し、太一は昔眼鏡を取ったことを白状して、かるたで新を超えてみせると宣言しました。

しかし新は、太一に「もうかるたはやらない」と返したところで、下の句へと続きます。

映画ライターもじゃの一言

ザ・青春映画だと思います。

高校時代に部活動に打ち込んでいた人も、帰宅部だったよという人も、本作を観ると胸が熱くなることでしょう。

出てくる俳優さんたちが、原作漫画・アニメとはちょっと違う見た目だったりもしますが、観ているうちに登場人物そっくりに見えてくるのが不思議です。

特に本作が改名のきっかけになった真剣佑さんが、口調といい雰囲気といい、もはやアニメの新にしか見えないです。

コメント