「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のあらすじ

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」は2017年に公開されたアメリカ映画で、大人気の海賊ファンタジー映画『パイレーツオブカリビアン』の第5弾です。

「海の死神」サラザールは伝説の大海賊ジャック・スパロウへの復讐のため、英国軍の船を襲撃します。

唯一の生き残りである青年に、サラザールはジャック船長を探させるのでした。

本作では、第3作までのメインキャラクターであるウィルとエリザベスが再登場し、2人の息子ヘンリーや天文学者のカリーナ、ジャックの宿敵バルボッサなど多彩な人物たちの運命が交錯します。

主な出演者

監督:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ 出演:ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ)、ハビエル・バルデム(サラザール)、ブレントン・スウェイツ(ヘンリー・ターナー)、カヤ・スコデラーリオ(カリーナ・スミス)、ケヴィン・R・マクナリー(ギブス)、ジェフリー・ラッシュ(キャプテン・バルボッサ)、オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー)、キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン)ほか

亡霊の襲撃から一人生き残るヘンリー

ウィル・ターナーと妻・エリザベスの息子であるヘンリーは、少年時代に自分の身体にロープを括り付け、海底に眠る海賊船「フライング・ダッチマン号」が見えました。

その船の中には、呪いのために10年に1度しか陸に上がれなくなってしまった彼の父・ウィルが乗っており、ヘンリーは呪いを解いて父を助けると約束しました。

 

その後、大人になってからもヘンリーは父の呪いを解く方法を探し求めていました。

唯一の手掛かりは、少年時代にウィルから聞いた「ジャック・スパロウ」の名前と呪いを解く「ポセイドンの槍」でした。

ヘンリー青年は英国軍の船の乗組員として働いていますが、軍が海賊船を追跡しているうちに船が「魔の三角海域」に入りかけていることに気付き、船長に危険だと伝えます。

 

しかし、誰も彼の言うことを聞かず、ついには彼を牢屋に閉じ込めてしまいました。

そのまま危険な海域に入った船は、かつてここで命を落とした亡霊たちの襲撃を受けます。

乗組員たちが皆殺しにされる中、海の死神サラザールの意思でヘンリーだけが残されました。

サラザールは、ヘンリーに「ジャック・スパロウを探せ」と告げて去ったのです。

ジャックとカリーナが斬首される

ジャック船長は海賊の仕事がうまくいかず、手下に賃金も払えずにいました。

ついに無一文となった彼は酒を買うために、大切な「欲しい物の位置を示すコンパス」を売り払ってしまいます。

一方、天文学者のカリーナは魔女扱いされ、英国軍から追われる身でした。

彼女は、父の持っていたガリレオ・ガリレイの日記を頼りに、「ポセイドンの槍」を探し求めていました。

 

英国軍の生き残りとして捕まっていたヘンリーは、軍から逃げる途中のカリーナと出会い、彼女にポセイドンの槍について話します。

自身もポセイドンの槍を探していたカリーナは彼が逃げる手伝いをしますが、直後に英国軍に見つかり捕らえられてしまいます。

同時期に、銀行へ強盗に入って逮捕されたジャックと一緒に、カリーナは斬首刑に書されることになりました。

群衆が集まり、今まさに刑が執行されようというその時、ヘンリーとジャックの手下たちが乱入し2人を救い出しました。

カリーナはバルボッサの娘

その時、裕福に暮らすバルボッサは自分の持っている船が、サラザールたちに襲撃されていることを知ります。

彼はジャックが売り払った不思議なコンパスを手に入れて、サラザールを探し出し接触しました。

バルボッサはサラザールと取引して、ジャックのところへ連れて行くことと引き換えに、自分の船の安全を保証させます。

 

バルボッサはジャックの船を見つけてサラザールを案内しますが、既にジャック一行は孤島へ脱出していました。

陸に上がることのできないサラザールは、バルボッサにジャックを追跡させますが、バルボッサはポセイドンの槍を手に入れて、サラザールを退治しようと考えていたのです。

 

ジャックたちとバルボッサはブラック・パール号で航海に出ますが、船長バルボッサは操舵係に任命したカリーナ以外を縛り上げてしまいます。

しかし、バルボッサはカリーナの持っている日記を見て、彼女が昔孤児院に預けた娘だと気付き、一人複雑な思いを抱くのでした。

別れる親子と再会する親子

サラザールは、ジャック一行が乗る船を襲撃します。

一行とサラザール率いる亡霊軍との死闘の末、サラザールはギリギリまでジャックを追い詰めました。

その時、ついにカリーナがポセイドンの槍がある島を発見して上陸、海から上がれないサラザールから逃げ切ります。

しかしヘンリーだけが、サラザールに捕まってしまいました。

 

ジャックたちは彼を残し、割れた海の底にポセイドンの槍を見つけますが、その寸前にヘンリーに乗り移ったサラザールが現れ、ジャックを攻撃します。

どうにかサラザールとヘンリーを分離させることに成功しますが、代わりに槍を横取りされてしまいました。

ヘンリーたちが隙を見て槍を壊すと、サラザールの呪いが解けて人間に戻りましたが、同時に割れていた海が戻り一行に迫ります。

 

ブラック・パール号の錨に必死に捕まる一行でしたが、サラザールはカリーナを海に引きずり込もうとしました。

バルボッサは娘を助けるため、サラザールに飛びついて共に海の底へ沈んでいきました。

カリーナはバルボッサの腕の刺青を見て、彼が父親だと気付きます。

一方でウィルの呪いは解け、ヘンリーやエリザベスたち親子は再会し、カリーナとヘンリーは結ばれました。

コンパスは再びジャックの手に渡り、彼は航海に旅立ちました。

映画ライターもじゃの一言

前作で登場しなかったウィルやエリザベスが再び物語に絡んでくる本作に、歓喜したファンもいたのではないでしょうか。

メインは彼らの息子であるヘンリーでしたが、彼ら親子やバルボッサ・カリーナの親子など、今回は親子の絆に涙してしまいました。

それにしても、ジャックが大事なコンパスを酒代欲しさに手放してしまうのには、ちょっと笑いました。

コメント