「機動戦士ZガンダムII A New Translation 恋人たち」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「機動戦士ZガンダムII A New Translation 恋人たち」のあらすじ

星を継ぐ者に続くZガンダム劇場版第2作として公開されたのが、「機動戦士ZガンダムII A New Translation 恋人たち」です。

エゥーゴにアムロが参戦しますが、ティターンズとの戦いは増々激しくなっていきます。

強化人間として戦いに巻き込まれたフォウとの出会いと別れ、最新型モビルスーツZガンダムの登場、シロッコの刺客サラが現れるなど、物語は大きく動いていきます。

新たなる敵アクシズが登場するまでが描かれており、ファンならずとも注目に値する作品です。

主な出演者

監督:富野由悠季 カミーユ・ビダン:飛田展男/シャア・アズナブル:池田秀一/アムロ・レイ:古谷 徹/ブライト・ノア:鈴置洋孝/フォウ・ムラサメ:ゆかな/サラ・ザビアロフ:池脇千鶴/ベルトーチカ・イルマ:川村万梨阿/エマ・シーン:岡本麻弥/レコア・ロンド:勝生真沙子/カツ・コバヤシ:浪川大輔/ファ・ユイリィ:新井里美/ジェリド・メサ:井上和彦/パプテマス・シロッコ:島田 敏/ハマーン・カーン:榊原良子 他

シャアとアムロの確執 フォウとの出会い

前作の最後でカミーユに救出されたアムロはエゥーゴと共に戦うことになりますが、シャアとアムロはララァを巡って理解しあえず、確執が表面化していきます。

シャトルの打ち上げを決行した際、その発射を阻止しようとロザミアとブランの部隊が襲撃してきますが、アムロとカミーユは素晴らしい連携攻撃により、部隊の撃破に成功します。

 

その後、アムロとカミーユはミライがいる客船へと向かいますが、そこでカミーユはフォウ・ムラサメという謎の美少女に出会います。

フォウはムラサメ研究所が開発した強化人間で、情報を聞き出そうとカミーユに接近しますが、お互いに惹かれあっていることに気づきます。

デートの最中に巨大MAが出撃し、フォウはその場から走り去り、搭乗するアウドムラに急行します。

フォウとの悲劇的な別れ 新型Zガンダムの登場

フォウは巨大MAから変形したサイコガンダムに搭乗し、街を破壊していきます。

ガンダムMK-Ⅱに登場したカミーユは、サイコガンダムにフォウが乗っていることを感じ取り、戦いを止めるように説得しますが、試みは失敗して撤退を余儀なくされます。

 

しかし再び戦場でカミーユと出会ったフォウは、カミーユを宇宙に還す決意を秘め、アムロの協力によりガンダムMK-Ⅱごとカミーユを宇宙に送り出しますが、裏切りに怒った仲間により銃殺されてしまいます。

フォウの力によりアーガマに帰還したカミーユは敵の急襲を受け、共に戦うエマは機体を損傷する窮地に陥ります。

 

絶体絶命のピンチに登場したのが、最新型のZガンダムでした。

その能力はガンダムMK-Ⅱをも大きく上回るものでした。

そしてファも訓練を受け、パイロットとしてカミーユと共に戦う仲間になります。

その頃、シャアことクワトロ大尉はブレックス指揮官と共に、連邦の議会に参加していました。

ブレックスの暗殺 コロニーでの攻防戦

一方で、エゥーゴにティターンズのサラと名乗る少女兵が投降をしますが、彼女はニュータイプでシロッコの命により偽装投稿で潜入していました。

そんな時、連邦の指揮権がティターンズに渡される案が可決へと向かい、ブレックスは何者かにより襲撃を受けます。

 

シャアはブレックスから後を託されますが、ジャマイカンによるコロニー落としが実行されようとしており、その阻止作戦も同時に進行していました。

潜入していたサラはカツを騙して脱出を成功させますが、コロニー攻防戦は激化し、カミーユはジェリド、マウアーのコンビとの戦闘に苦戦しながらも撃墜し、エゥーゴ部隊によりコロニーの落下阻止に成功します。

 

シロッコが指揮するティターンズと、旧ジオン軍が形成するアクシズが手を組むと危機が迫ると感じたエゥーゴでは、打開策を検討していました。

その頃、フォンブラウンに滞在していたファとカミーユは、爆弾を仕掛けるために潜入していたサラを発見し、サラの口から爆弾の件を打ち明けられます。

 

カミーユの起点を効かせた処置により、フォンブラウンの被害は最小限に食い止めることに成功し、アーガマは緊急発進して何とか逃れます。

サラは捕虜になりますが、クワトロとうまくいってなかったレコアを誘惑し、またしても脱出を果たします。

ドゴスギア隊とアーガマの戦い ハマーンの登場

ティターンズとエゥーゴの戦いは一進一退を続けていましたが、その頃ジオン公国の残党が集まるアクシズは地球圏に近づきつつありました。

アクシズを警戒しながらも戦局を有利に進めたい双方はアクシズへと接触を図ろうとしますが、エゥーゴのアーガマとシロッコが駆るドゴスギアは、モビルスーツによる戦いとなります。

 

この戦いにヤザンがシロッコ側に味方として参戦し、シャアの百式はバズーカランチャーでドゴスギアを狙撃しますが、シロッコの強力なプレッシャーにより失敗します。

カミーユはその高い能力で攻撃をしますが、ヤザンが搭乗するハンブラビに苦戦し、アーガマは徐々に劣勢に追い込まれていきます。

 

戦況が大きく不利になり、敗戦を覚悟したアーガマでしたが、突如謎の大部隊が攻撃に参戦し、両軍は撤退します。

そこに現れたのはアクシズの摂政ハマーン・カーンで、アーガマはアクシズの基地へと連行されていきました。

映画ライターmasakiの一言

Zガンダム劇場版第2作として公開された「機動戦士ZガンダムII A New Translation 恋人たち」は、戦いの中で惹かれあう男女の恋愛物語としての側面も見せています。

カミーユと強化人間として戦場に駆り出されるフォウとの恋、そのカミーユを一途に思い続けるファの心、クワトロとシロッコの間で揺れ動くレコアなど、モビルスーツでの戦闘だけではない魅力が加わった作品となっています。

ティターンズとエゥーゴの戦いに新たにアクシズが加わり、その戦闘は混乱を極めていきます。

今作では最後に登場したアクシズの実質的指揮官ハマーンは戦いの流れを変えるキーパーソンで、シロッコ、シャアと共に大きな存在感を見せています。

カミーユの成長はもちろんですが、各々の恋愛の行方も物語として堪能したいと思います。

コメント