Diet

たったの2~5分で20分の運動効果!?海外セレブ発の“ブラシ”で小尻ケア❤

一月はなにかと「食」の場が多かったと思いませんか??楽しい思い出も増えると同時に、体重の方も増えてしまった、なんてことも(汗)。だからといって、この季節は寒くて運動でダイエットなんてする気もおきませんよね。このまま体重増加して、お気に入りのパンツがキツイと感じてしまったらあなたも冬太りのサイクルに突入してしまいます。

hgf

できれば、自宅で簡単に美ボディを手に入れたいですよね!!それが海外セレブも実践しているという“ブラシ”を使った、「ドライスキンブラッシング」という美容法なのです。これは、全身に効果が期待できるのですが、今回は小尻ケアについてまとめてみました。

これで冬太りも怖くありません!!

ジェニファーやミランダも実践している「ドライスキンブラッシング」って??

あまり日本では聞きなれないこの美容法。あの海外セレブのジェニファー・アニストンミランダ・カー、あの美の達人、エリカ・アンギャルなども実践している、話題のメソッドなのです。

「ドライスキンブラッシング」の美容効果

この美容法には、以下の効果があるといわれています!

・セルライト対策

・痩身

・デトックス

・古い角質のピーリング

・肌の色ツヤをよくする

・冷えやむくみを解消

・自律神経が整いリラックスできる

肌表面からわずか数ミリ下を流れる全身のリンパ系をブラシで刺激することで、たったの2~5分で、20分の有酸素運動効果が得られるんだとか♪とても簡単なケア方法ですね。

「ドライスキンブラッシング」のやり方

使用するブラシは、天然素材の上質なもの、肌に当てたとき毛先が痛くないもので行います。乾燥肌や刺激肌の方は、山羊毛などのやわらかい毛がおすすめ!!また、ブラシが苦手な人は、手のひらで行ってもOK。

 ・まず、お尻の付け根の中央に位置する「承扶(しょうふ)」というツボを、ブラシの柄の部分でツボ刺激。10秒× 3回を目安に、痛気持ちいいくらいの強さでプッシュ。

・次に、お尻と太ももの境目のやや下側から、上方向に持ち上げるようにお尻全体をブラッシングしてみてください。回数は、左右5~10回ほど。

・お尻の後ろは筋肉が厚いので、やや力を入れるのがコツ。尾てい骨あたりから、ぐるっと前へ向かって半円を描くように。そこから一気にそけい部に流し込みます。左右まんべんなく5~10回ずつ。

・お尻の割れ目部分は、股をくぐらせるようなイメージで。上から下へとブラシをすべらせ、股下をくぐってそけい部へと流すイメージで、左右5~10回ずつ。

・ブラッシング終了後は、必ずクリームで肌をケア。浸透率がよくなっているので、保湿系クリーム、またはセルライト対策系のクリームなど、求める効果に合わせてセレクトしてみて。

 

今回、紹介した小尻になれる「ドライスキンブラッシング」はいかがでしょうか??ミランダ・カーやジェニファー・アニストンが実践していると聞くだけでもやってみたくなりますよね。冬の“おこもり美容”にぴったり!!ぜひお試しあれ❤