Lifestyle

どんなパーツよりも実年齢をあらわしているのは……『手の甲』だった!?

スタイル、髪のツヤ、化粧ノリの良さが20歳代くらいなんじゃないか!と思わずいってしまいそうなくらいキレイな女性。通称、“美魔女”たち。あなたのまわりにもそんな女性がいるのではないでしょうか??そんな年齢を感じさせない美魔女たちですが、意外とお手入れの盲点となっている『手の甲』!!

file000858064600[1]

いま、ドキッとした方は特に必見ですよ~。

実は、『手の甲』が荒れやすい原因としてあげられるのは……、乾燥や紫外線、さらに洗剤の外的要因がほとんどなのです!!

今すぐ試してほしい、若々しい手を保つポイントはコチラ!!

1 水に触れた後はしっかり水分を拭き取る

手を洗った後、シャッシャと水を切るだけ……などと横着していると、手に残った水分が蒸発するときに肌の水分まで一緒に奪われてしまい、乾燥を加速させてしまいます。タオルやハンカチで指と指の間まできちんと拭き取るようにしましょう。

2 手の紫外線対策も忘れずに行う

顔には一年中しっかり日焼け止めを塗っていても、手はうっかり油断してしまうことが多いもの。紫外線はメラニン色素を増やし、皮膚の水分を奪って、手肌のシミやシワの原因となります。やはり手にも一年中、日焼け止めを塗るのがベターです。紫外線カット効果のあるハンドクリームを塗ればラクですね。

3 洗剤を使うときはゴム手袋を着用する

食器用洗剤や住宅用洗剤などに含まれる界面活性剤は手荒れの原因の一つ。手にやさしいと書かれてあっても、必ずゴム手袋を使いましょう。お湯を使って食器などを洗うときは、あらかじめ手にハンドクリームを塗っておき、その上からゴム手袋をすると、パック効果で保湿成分が浸透しやすくもなります。

これら3つのポイントをおさえつつ、ハンドクリームを正しく使えばあなたの手年齢も10歳若くなってしまうかもです♪

file9971235535345[1]

「う~ん……、ハンドクリームの正しい使い方といわれるとちょっと……」と意外と説明できない方も多いかと思ったので、紹介しちゃいます!!

ハンドクリームの効果を最大限に!!正しい使用方法はコチラ!!

1 手のひらにクリームをパール粒ほど出し、両手をこすり合わせるようにして温めます。こうすることでクリームの伸びが良くなります。

2 片手で、もう片方の手の甲をやさしく押さえるようにして、クリームをなじませます。体温を利用してしっかり浸透させましょう。

3 両手の指を組んで上下に滑らせるようにすると、指と指の間までしっかり伸ばすことができます。

4 最後に、乾燥しやすい指先や爪まわりまでもみ込むようにしてクリームをなじませます。このとき、指先を軽くつまんでピンッと勢いよく離すようにすると、マッサージ効果で指先の血流が促進されます。

いかがだったでしょうか??

せっかくキレイにネイルをしても、『手の甲』がガサガサでは台無しですよね(泣)。逆に、ネイルをしていなくても手がうるおっているだけで美しく見えてしまうかもしれませんね。あなたの手年齢をキープ、または、若返らせるチャンスです!!この機会に、もう“血管の浮いたシワシワな手”とは、はやめにおさらばしましょう~❤


2014/01/17 | キーワド: , | 記事: